岡崎信金元職員ら預金着服=1億3600万円、告訴へ―愛知(時事通信)

 岡崎信用金庫(本店・愛知県岡崎市)の支店を統括する元ブロック長ら2人が顧客の預金計約1億3600万円を着服したことが11日、分かった。同信金が記者会見して明らかにした。
 信金によると、着服していたのは、元男性職員(43)=3日付で懲戒解雇=と六つの支店を統括していた元男性ブロック長(54)=故人=。
 元職員は2001年4月〜今年3月、定期預金を無断解約するなどして、顧客45人の口座から計約9200万円を引き出したという。元職員は着服を認め、「借金返済や飲食代に使った」と話している。信金は近く、元職員を業務上横領容疑で刑事告訴する。
 元ブロック長も同様の手法で、1999年7月〜02年12月、顧客2人の口座から計約4400万円を着服した。元ブロック長は調査中の今年4月に自殺した。死亡後、これとは別に顧客からの借り入れか着服か判別できないケースが約2億2000万円分あることが分かったという。 

【関連ニュース】
損保ジャパン代理店、元従業員逮捕=保険料3億5000万円着服か
県職員が130万円着服=職員親睦会の口座から
顧客預金1000万円着服=元山梨県民信組職員を逮捕
現、元警官2人書類送検へ=放置車両業者に横流し
元みなと銀行支店長に有罪判決=融資金3億3000万円横領

子ども手当支給、来年度の満額困難…長妻厚労相(読売新聞)
カーシェアリング体験 事故、渋滞遅れへも対応(産経新聞)
「徳之島検討指示」報道を否定=鳩山首相
官房副長官に古川、福山氏=首相補佐官は阿久津、寺田氏(時事通信)
<口蹄疫>感染ルートは車? 封じ込め失敗か(毎日新聞)
[PR]
by hxpgkgmu6z | 2010-06-12 03:35
←menu