<島根女子大生遺棄>靴発見現場で拉致か 脱げ落ちた可能性(毎日新聞)

 広島県の山中で島根県立大1年、平岡都さん(19)=島根県浜田市=の遺体が見つかった事件で、平岡さんのものとみられる靴の発見現場で平岡さんが連れ去られた可能性があることが、捜査関係者への取材で分かった。

 島根・広島両県警の合同捜査本部には当初、靴の汚れが少ないことなどから、発見直前に捨てられた可能性が高いとの有力意見があったが、靴に木が覆いかぶさって雨から保護したことなどが判明。捜査本部は、靴が置かれた時期を特定するのは困難とみている。

 捜査関係者によると、靴は黒っぽいスニーカータイプで、左足用。昨年11月30日、アルバイト先からの帰宅路(約2キロ)沿いで自宅女子寮に近い側道の側溝で見つかった。平岡さんが行方不明になった10月26日の数日後に島根県警が同所を捜索したことや汚れが少ないことなどから、発見直前に置かれたとの見方もあった。

 一方、(1)靴の上に木が覆いかぶさって雨よけとなり、靴の劣化や汚れを防いだ(2)落ち葉を肥料用に集める人がおり、靴の上に積もった落ち葉が取り除かれた可能性がある−−と捜査で判明。平岡さんが連れ去られる際に脱げ落ちた可能性も出てきた。

【関連ニュース】
【写真で見る】島根女子大生遺棄事件
<島根女子大生遺棄>複数の袋で遺体運搬か
<島根女子大生遺棄>プラスチック片は電話帳配布の袋
<島根女子大生遺棄>捜査にプロファイリング 専門家派遣
<島根女子大生遺棄>待ち合わせ形跡なし…遺体発見2カ月

あつしのブログ
たかしのブログ
無料ホームページ
ショッピング枠現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
[PR]
by hxpgkgmu6z | 2010-01-13 21:22
←menu